BROSS TOKYO

WARNING HAIRDRESSER WALKING

Information

Blow

 

Grindr×The Container

Present:

 

Blow

 

宮地祥平
Shohei Miyachi

13 December, 2021 – 28 February, 2022

 

Opening night: 13 December, 19:30-21:30

+ live performance by Shohei Miyachi, 20:30

 

Catalogue

 

 

Diamonds Are Forever ft. The Container
with
Shohei Miyachi

28 January, 2022
At Club Metro, Kyoto
In collaboration with: Jama Gallery / 協力: ジャマ・ギャラリー

   © Shohei Miyachi, 2021. Photographs.

.

宮地祥平(1989年静岡生)はコミュニケーション、アイデンティティ 、パフォーマンスのテーマを中心に制作を続ける写真家である。School of Visual Artsより写真学の美術学士号とPratt Instituteより写真学の美術修士号を取得。最近においては、『Rakuen』シリーズの出版を記念してニューヨークのMATTE HQで展示し、現在はアムステルダムのコブラ近代美術館で「Clandestine – The Human Body in Focus」にて展示中である。東京在住、写真を教授している。

.

「実際、芸術的な体験はセックスの苦痛と恍惚にあまりに似ているので、二つは同じ切望と歓喜の異なった形をしているだけだ。」

ライナー・マリア・リルク

『若き詩人への手紙』(1903-1908)より

 

セックスと芸術は不躾けな婚姻関係に永遠と縛りつけられているようだ。例えば、カラヴァッジオ、古典ギリシャのオルギア、春画、クーンズ、カリンはどうだろう。ロバート・メイプルソープの写真や15、16世紀絵画の裸婦やミステリアスで魔術的なミューズを見つめる男性像について、その美学をまぁ、かしこまって分析することもできる。しかしながらそれは芸術を無理に正当化しているように感じる上に、宮地祥平の作品で最も重要な要素はセックスでもなく、彼の確信であるのだと思う。

宮地祥平は大きな夢を持つ芸術家だ。彼はそう言わないが。落ち着いて、控えめな性格だ。彼の作品で演出されている性的交流のように。内向的かもしれないが、大胆で、恥知らずで、とてつもなく誠実だ。宮地の作品を眺めると一見、森山大道の荒削りな写真やサブカルチャーの描写、荒木経惟の作品の性的なイメージとの関係性や参照が思い浮かぶが、直ちに魅せられるのは、彼が写真作品を介して描くナラティブだ。

2011-2014年中に撮り、後に『Devotion』とふさわしいタイトルが付けられた作品シリーズを始めに、宮地はもう10年以上写真を撮り続けている。当シリーズは男性同士の性的、感情的交渉と緊張を模索していて、被写体一人と写真家自身の間の人間関係に焦点が当てられている。宮地は作品中、積極的な存在感を出している。タイマーで撮られた、半演出的で絵画的なショットを通して自分自身の身体と好奇心を追求している。作品はポエティックで、少し物憂げであるが、宮地を芸術的、性的な一人旅へと見送ってきた。彼はニューヨークのサード・アベニューのピープ・ショーや東京飯田橋の低俗なシネマ、アダルトショップ、最近ではGrindrなどで、男性達と自分自身を長らく撮影してきた。彼は多様な場所で美を求めていて、たっぷりと美を見つけているようだ。

時間と共に、宮地の写真は洗練されてきた。詩的要素は依然残っており、表現もより複雑、重層的、また含みを持たせたものへと進化してきた。ビジュアル的、感情的、知的にも。妖艶なボケ味のある写真を通じて、『Rakuen』(2016-2020)シリーズでは、東京のポルノシネマにて欲望、性欲、羞恥のアレゴリーを繊細に表現している。シネマの来館者はほとんど中年で内向きな男性だったこともあり、シャツの下にカメラを隠しながら自身の来館体験を記録した。照明が落とされると、サラリーマンらの白シャツのボタンはパッと外れ、ズボンが下りる。周囲の性的緊張が高まり、そのうちふしだらさと脱抑制が炸裂する。そんな無名で不鮮明かつ張り詰めた環境を捉えた写真は、肉体と光の反射を美しく重ねている。また、映像スクリーンによって微かな色が照っている様子は、他人のおかげで短いながらも密やかで自由なひと時と、自己受容への道のりという、ストーリーを繕でいる。なんて強力でかつ上品、優雅な表現であろうか。

芸術家としての成長と共に、作品内での自身の被写体としての存在感も増してきた。一個人として歩む人生という道のりの証なのかもしれない。直近の2つのシリーズ、『3rd Avenue』と『Untitled』ではパフォーマンスの演者としての顔も覗かせる。演出的、抑制的なイメージは変わらないが、写真に対して一層、身体的、感情的に注ぎ込んでいる様子が伝わってくる。『3rd Avenue』では自分自身の身体をグラフィックに捉えることで、写真の画作りや場面の演出などを行っている。ハイ・コントラストなイメージはしばしばフラッシュで撮られており、ガラスに反射されたポルノ映像や、ビデオ・ブースの密閉空間に誘い入れた男性らの身体と共に、画像要素の一つとなった宮地の身体は、重ね合わせられ比較・強調されている。

『Devotion』で表現した親密性を『Untitled』でも宮地は再現している。ロールプレイと対人関係といった要素を取り入れ、依存的で抑制的な関係性を作品内で創り上げている。親密性や誤解を招くくらいの恥ずかしさが表現されているが、模倣・演出された性行為の描写には、『3rd Avenue』のような喜びが欠けている。それでも『Untitled』シリーズには宮地の最も印象的な作品が含まれており、サブテキストと感情に溢れている。手持ちカメラを使って、デートアプリやインターネットで探した男性とのワンシーンを宮地は演出し、撮影する。このプロセスから生まれた作品には、肉体が安堵と不安に駆られる瞬間が興味深く記録されている。露出オーバーかつ抽象的に撮られたこれらのイメージには、写っている男性達の間に芽生える繊細な親密性が捉えられており、また彼らが抱いているであろう心の奥に秘められた瞬間も垣間見ることができる。自分自身の作品内での身体的役割が増えたこと、また、パフォーマンス中の自然な流れを積極的に盛り込むようになったことで、『Devotion』とは違い、『Untitled』シリーズの作品を通じて、宮地は自身が芸術家として巡り会ってきたパーソナルな瞬間を提供している。それを追体験することで鑑賞者は、作品制作と彼の私生活との間の複雑な関係性を垣間見ることができる。

ザ・コンテナーでの展示、『ブロー』は、宮地祥平にとって、日本初の個展であり、また、様々なシリーズの作品が同時展示されるのも初めてだ。鑑賞者は、彼の芸術家としての進化だけでなく、彼がどのように世界を視覚的に捉えているかが伺える。最も重要なのは、彼がスティグマと自己受容といかに対話してきたかだが。詩的かつ知的な要素を超え、宮地の作品は実に美しい。ディテールとフォルムを見極める確かな観察力から、複雑なイメージが構成され、いくつもの陰影は巧妙な構図の中に収められていく。

この度『ブロー』で展示する写真作品は、多数のシリーズから選び抜かれたもので、それぞれ異なった撮影状況やプリントサイズが試されているが、ナラティブと美を優雅に表現する、宮地の匠な技によってまとまっている。展示空間に散りばめられた写真作品には最低限の照明しか当たっておらず、鑑賞者は懐中電灯を使用して展示空間内を照らしつつ作品を探していかなくてはならない。薄暗くて狭い空間は、暗室やピープショーの密やかで好色な雰囲気を再現しており、鑑賞者の作品との繋がりをより強くしている。

最後に、本プロジェクトの実現のためにパートナーしたGrindrにお礼申し上げたい。この度は彼らのサポートと支援によって芸術とセックスの現代的な相互関係に焦点を当てることができた。こうした取り組みは日本のLBGTQ人口に対する認知とローカル・コミュニティの強化にもつながるのではないか。

Shohei Miyachi (b. 1989, Shizuoka, Japan) is a photographer whose work explores ideas of communication, identity, and performance. He holds a BFA in photography from the School of Visual Arts and an MFA in photography from Pratt Institute. He has recently exhibited in a show at MATTE HQ, New York, marking the launch of a publication dedicated to his Rakuen series, and is currently showing at the Cobra Museum of Modern Art, Amsterdam, in the exhibition “Clandestine – The Human Body in Focus”. Miyachi currently resides in Tokyo and teaches photography.

.

“And in fact, artistic experience lies so incredibly close to that of sex, to its pain and its ecstasy, that the two manifestations are indeed but different forms of one and the same yearning and delight.”

—Rainer Maria Rilke

Letters to a Young Poet, 1903-1908

Sex and art are etrnally bound in an indecorous betrothal. I can show you Carravaggio, Greek orgies, shunga, Koons and Currin. I can delve into a formal aesthetic analysis of Robert Mapplethorpe’s photographs or a discourse about the male-gaze in 15th and 16th century paintings of nude females and conjured muses. But it feels a bit like justifying, and really, the most important element in Shohei Miyachi’s work is not even the sex, but the conviction.

Shohei Miyachi is a young artist with big dreams. Not like he would tell you about it. He is collected and restrained, like many of the staged sexual interactions he documents; perhaps introverted, yet daring, shameless, and terribly real. At first glance, it is so easy to make connections and references between some of his works to the subculture and rough-edged photographs of Daidō Moriyama, or to the sexually-inclined imagery of Nobuyoshi Araki, but what captures interest immediately, is the narrative Miyachi is able to construct in his photographs and series.

He has been taking his photographs for the best part of a decade starting with a series of shots in 2011-2014, later aptly entitled, Devotion. The series explores male-to-male sexual and emotional interactions and tensions, focusing mainly on one subject, and the relationship the artist forges with him. Miyachi is an active entity in the photographs—exploring his own nudity and curiosity in pseudo-staged tableaux shots captured with a timer. The works are poetic, somewhat melancholic, but set Miyachi on a personal artistic and sexual voyage. He has been photographing men and himself ever since: be it a peepshow on Third Avenue in New York, a sleazy cinema in Tokyo’s Iidabashi, sex toy stores, or as he rolls these days, Grindr—Miyachi is there to find beauty. And beauty he finds, in hordes.

With time, Miyachi’s photographs become more sophisticated. The poetry is definitely still there and the images evolve to be more complex, layered, and loaded. Visually, but also emotionally and intellectually. As in his the seductively blurry images of Rakuen (2016-2020), in that porn cinema in Tokyo, where he delicately constructs an allegory of desire, lust, and shame. With a concealed camera under his shirt, he documents his visits to the cinema, frequented mostly by middle-aged and closeted men. As the lights are dimmed, buttons in the salarymen’s white shirts pop open, trousers drop and sexual tensions escalate to erupt into bounds of wanton and disinhibition. Anonymous, blurry, and tense, the photographs beautifully layer bodies and reflections, trails of colour lit by the film screen, to piece together a story about secretive moments of freedom and quests for acceptance, even just for a brief moment, by another stranger. The images are potent yet graceful and elegant.

Along with Miyachi’s artistic growth, his physical presence in the photographs grows as well. Perhaps a testimony to a personal journey he is making. In his latest two series, 3rd Avenue and Untitled, he takes a leading performative role in the photographs. He is more invested physically and emotionally. The imagery is predominantly still staged and restrained, nonetheless. In 3rd Avenue he frequently uses his own body as a graphic representation to frame compositions and stage settings. The high contrast images, often taken with flash, feature Miyachi’s body juxtaposed with synched glass reflections of porn and the layered bodies of the men he invited to the confined space of the video booth.

In Untitled, Miyachi revisits a similar intimacy to the one he created in Devotion, where roleplay and power dynamics are used to concoct relationships that showcase dependency and restraint. While extremely intimate and compromising, the simulated and staged sex acts lack the joy of 3rd Avenue, but produce some of Miyachi’s most compelling works—rich in subtext and emotion. Using a handheld camera, Miyachi directs and shoots scenes with men he finds on dating apps and online sites. The images produce a fascinating study of the human body in instances of comfort and of vulnerability. Overexposed, and often abstracted, the images capture delicate intimacy between the men and feature them in their innermost moments. Perpetuated perhaps by the more physical role Miyachi takes now in his photographs, or by allowing himself to spare some spontaneity in the staged acts, Untitled, unlike Devotion, invites the viewer to experience highly personal moments in the artist’s life, and gives an insight into the complex correlation he forms between artmaking and personal life.

The exhibition at The Container, Blow, doesn’t only mark Shohei Miyachi’s first solo exhibition in Japan, but also features works from various series, exhibited side-by-side, for the first time. This doesn’t only teach the viewer about his evolution as an artist, but also provides an opportunity to observe how Miyachi visually sees the world, and as importantly, how he negotiates stigma and self-acceptance. Beyond the poetic and intellectual properties of his photographs, Miyachi’s works are truly beautiful—cleverly layered images and shades compiled onto masterful compositions, with a sharp eye for detail and form.

The photographs we are exhibiting in Blow, although taken from various series and explore a variety of settings and print sizes, are all still bound by Miyachi’s ability to share so eloquently narratives and aesthetics. The images are dotted around the space with minimal lighting, forcing the viewer to use a flashlight to navigate through the space in order to see the works. The dark and claustrophobic architecture of the exhibition space help to replicate the intimate and salacious atmosphere of a darkroom or a peepshow, and enable visitors to engage with the images.

Lastly, we are grateful for the partnership with Grindr on this project. Their support and endorsement not only enable us to highlight contemporary reciprocity between art and sex, but also help to promote awareness of LGBTQ people in Japan and to strengthen the local community.

スタイリスト・アシスタント募集

応募条件
美容のみならずアート制作・多種に渡る海外での活動に挑戦出来る方

面貸し募集
尚、詳細は担当 星までお問い合わせ下さい。

Access